2015年3月2日月曜日

GoogleとDuckDuckGoで検索順位が違った原因がわかったよ。たぶん。

DuckDuckGoで5位なのに、Googleでは圏外だったキーワードは「不具合」。
それを「使えない」とか「開かない」に替えたら、Googleでも上位に表示されました。
なんでそんな差が出たのかな?と考えてて気がついた。

「不具合」という言葉は、業界用語っていうか、使う人は使うけど、使わない人は使わない。
なので、「不具合」を使わないように記事を書きました。
記事本文に「不具合」というワードは入っていないのです。
だけど、「不具合」で検索する人は絶対いると思ったので、
記事の詳細設定のキーワードってところに「不具合」を入れておきました。
ここに入力した言葉は「当該記事HTMLのmetaタグでキーワードに追加挿入されます」だそうです。

検索結果の違いから類推すると、
DuckDuckGoはmetaタグのキーワードを見てるけど、Googleは見てないってことかなと思います。

ちなみに、GRCツールにDuckDuckGo入ってないですが、BingとDuckDuckGoの結果は似てるみたいです。